2016年の終わりに

早いもので2016年もあとわずか、「何かが変わりそうな予感」と書いたのがもう半年も前のこと。それがトランプ大統領誕生を指していた・・とは言いませんが、あのニュースには驚かされると同時に考えさせられる部分もありました。

一番驚かされたことは、トランプさんが勝ったことでも、ヒラリーさんが負けたことでもありません。それはメディアや専門家のほとんどが開票直前まで大統領選の行方を見誤っていたことでした。こういう類いの調査は我々が思っている以上に精度が高いと思っていました。表面化しづらい部分がどうのと言う人がいますが、結局それが覆された要因はなんだろうと考えると、それは計り知れない「無意識なる繋がりのパワー」のような気がしてなりません。世界までが一瞬にして繋がる時代は、その渦中にいる者たちに妙な高ぶる熱のようなものを一緒に与えてしまうと思っています、それが良いことでも悪いことでも。

人間は悲しいかな自らの意見に自信がもてない。故に、今までは新聞やテレビを中心としたメディアから得た有識者といわれている者の意見に左右されてきてしまった。しかし、インターネットが発達した今は色々な意見や情報があらゆる角度から大量に飛び込んでくる。そして、そこに自分の主張に近いものを見つけた瞬間それは一気に加熱する。

「間違っていたと思ってたけど、こんな人が俺と同じ意見なら・・」

「そうなのよ、実はわたしもずっとそう思ってた・・」

こんな入り口は今までにないパワーを生む典型だ。そして、それが今回大きな波となって押し寄せた瞬間だったのかもしれません。

トランプ大統領誕生がアメリカにとって世界にとって良かったかどうかは別として、ありえないと思っていたことが現実になってしまう怖さの中に大きな希望を感じてしまうのはわたしだけでしょうか。

今年も一年ありがとうございました。

 

水野