襟を正して

最近、近しい人たち、数人から耳にした言葉。

どうせ無理だから。

100連敗しているなら、才能のなさに気づいて諦めることも必要ですが、暇つぶしならともかく、本気で高い目標持っているのなら、負の想像力働かす前に、挑戦して大失敗の一つや二つしてみろって思うのです。失敗して湧き出てくる感情とか、今後の動機づけにもなるし、人に迷惑かけるなら(迷惑かけないに越したことはないのですが)、ケツの拭き方を学んで、自分の力量も測れるのに、何をためらうんですかね。

今やろうと思ってた。

ただの言い訳ですね。指摘された時点で、まずできてなかったことを反省すべき。まずは詫びて、すぐに対処して、信頼取り戻せばいいだけのこと。先に自己弁護は駄目です。

「どうせ無理だから」は、自信のなさ。「今やろうと思ってた」は、自信過剰の表れ。どっちもね、きっと経験値が少なすぎて「自信」を上手くコントロールできてないだけなんだと思うんです。襟を正して、謙虚に、目標に向かって場数を踏んで欲しいなぁと。

説田